フォトジェニックなスポット

夜行バスを使うことで神戸に居れる時間が多く取れる

神戸の旅に夜行バスを使うのには理由があります。朝に着くことで神戸に着いてからの時間を満喫できるからなのです。神戸にはフォトジェニックなスポットが数多くあります。そのすべてに行くことは難しいかもしれませんが、時間が多くあればあるほど多くの写真を取れるのです。スポットは一か所に固まってるわけではないので、どうしても移動に時間がかかってしまいます。また、バスの魅力は料金が安い点もあげれます。神戸では季節などによってもフォトジェニックなスポットが変わってしまいます。そのため何度も足を運ぶ必要があるのです。それには交通費が安いというのは大きなメリットになります。帰りの交通手段もバスを使うのであれば、ぎりぎりまで撮影することができます。

神戸のフォトジェニックなスポットを紹介します

神戸で必ず写真に収めたいのがランドマークタワーである神戸ポートタワーでしょう。鼓型のこのタワーは外から写すと青い空に映える赤いタワーが印象的です。また、展望台から映す光景も良い撮影スポットです。その近くにあるメリケンパークにもフォトジェニックなスポットがたくさんあります。次にハーバーランドにある神戸煉瓦倉庫もお勧めのスポットです。ノスタルジックな風景は誰でも写真を撮りたくなってしまいます。神戸で忘れていけないのが、萌黄の館でしょう。アメリカ総領事の邸宅として建てられた洋館なのですが、淡いグリーンが優しく心に残るスポットです。最後にどうしても勧めておきたいのが神戸ルミナリエです。冬の風物詩として有名ですが、絶対に写真に収めてほしいスポットです。